ベビー用品

チャイルドシートはISOFIX式?シートベルト式?私がシートベルト式を選んだ理由

チャイルドシート

こんにちは。フワリパパです。

フワリパパ
フワリパパ
今日はチャイルドシート選びについてのお話です。

チャイルドシートには、ISOFIX式とシートベルト式の2種類ありますよね。これは車体への取り付け(固定)方法が異なるのですが、ぶっちゃけどっちがいいの?って疑問に思う方多いと思います。

シートベルト式は、シートベルトでチャイルドシートを固定するタイプです。

一方のISOFIX式は、車についている専用のコネクターにチャイルドシートを差し込むだけで設置ができるというタイプです。
簡単・かつ確実設置ができるという点がオススメです。

しかし、ISOFIX式はシートベルト式に比べて値段が高いという点と、車がISOFIXに対応している必要があります。
(2012年7月以降に発売された車はすべてISOFIXに対応しています。)

 

フワリパパ
フワリパパ
私たちもめちゃくちゃ迷いましたが、シートベルト式にしました。

私たちがシートベルト式を選んだ理由は、ぶっちゃけ価格です。

フワリママ
フワリママ
ISOFIX式はシートベルト型に比べて、2~3万ほど高いんです。ISOFIX式を買おうとすると、5~6万はします。

そんなわけでシートベルト式を購入したのですが、正直シートベルト式で十分でした。

これから購入される方で、ISOFIX式かシートベルト式かで迷っている方へ、私たちがシートベルト式を使用して感じた体験談を共有しますので、ぜひ参考にして下さい!


まずはシートベルト式に関してよく言われるデメリットについて、検証していきます。

シートベルト式は女性だと取り付けが大変?

シートベルトの設置には力が必要だから、女性にはシートベルト式よりISOFIX式のほうが良いとの記事をよく見かけますね。

果たして真実でしょうか?

フワリママ
フワリママ
お答えします。これは「No」です。ISOFIX式は確かに差し込むだけなので力が無くても取り付けできますが、シートベルト式も、シートベルトの緩みがなくなるよう引っ張るだけなので、女性にも簡単に取り付けが可能です。

フワリパパ
フワリパパ
なるほど、引っ張るだけなら確かに誰でも可能ですね。


そもそも、シートベルト式もISOFIX式も、チャイルドシート自体が重いので、取り付けよりも持ち運びのほうが大変です。車に運んでしまえば、あとはそんなに力が無くても固定は可能ですので、そういう意味ではISOFIX式もシートベルト式も優劣は特段ありません

付け替えに時間がかかるんじゃないの?

夫・妻の車でチャイルドシートの付け替えが頻繁に発生する場合、シートベルト式だとその付け替えが毎回すごく手間なんじゃない?と疑問がわきますよね。

フワリパパ
フワリパパ
確かに、初回は取り付けに15分ほどかかりました。

しかし、取り付けはやっているうちに慣れてきます。

初回は確かに15分かかりましたが、これは説明書を見ながらやっていたので時間がかかっています。設置を2回、3回、と繰り返すうちに、設置手順を覚えるので、やればやるほど設置スピードがどんどん短縮されていきます。

フワリパパ
フワリパパ
今では、1分程度で設置できるようになってます。

というわけで、付け替え時間は慣れれば1分程度で付け替えができるので、そこまで大きな手間ではありません


以上のことから、シートベルト式でも全く問題ありませんでした。

また、夫・妻両方の車にチャイルドシートを設置する人は、 付け替えすることはあまりないと思いますので、ますますシートベルト式で良いと思います。ISOFIX式を買ったとしても、ISOFIXの恩恵を受けられるのは初回設置時の1回のみだからです。

ただし、注意点として、シートベルト式が向かないタイプの方がいらっしゃいます。
そのタイプの方はシートベルト式ではなくISOFIX式を選ぶことをお勧めします。

ISOFIX式にしたほうがよい人

それは、取扱説明書を読まない人です。

 

フワリパパ
フワリパパ
取扱説明書を読まない人・読むのが嫌いな人はシートベルト式は絶対にやめておいたほうが良いです。


なぜなら、シートベルト式は説明書の手順通りに正しく設置しないと安全性が確保できないからです。 チャイルドシートがちゃんと固定できていない状態で事故が起こってしまった場合、子どもの身に危険が及んでしまう可能性が高いです。

統計では、シートベルト式の約半数が正しくチャイルドシートを固定できていないとの結果が出ていますので、取扱説明書の通りに正しく設置する自信の無い人は、差し込むだけで取り付けができるISOFIX式にするのが無難だと思います。


いかがでしたでしょうか。説明書通りに正しく設置できる人であれば、シートベルト式でも全く問題ないと思いますので、少しでもお金を節約するためにシートベルト式をぜひ検討してみてはどうでしょうか。