暮らし

【飲み会の上手な断り方】頻繁な会社の飲み会は断って自分の時間に充てよう

【飲み会の上手な断り方】頻繁な会社の飲み会は断って自分の時間に充てよう

会社の飲み会、楽しいって方いますか?

フワリパパ
フワリパパ
私は全然楽しくないです。
 

そもそも私がお酒飲めないってのもあるんですが、会社の飲み会って愚痴・説教・ハラスメントのオンパレードなんですよね。

もちろん、そうではない健全で楽しい飲み会もあると思います。そういった飲み会は自分にとってプラスに働くので大いに結構です。

問題なのは、ただの付き合いで行くような何も得る物がない無駄な飲み会です。こういった飲み会に嫌々ながらも仕方なく参加している方多いんじゃないでしょうか。

得る物がない代わりに、時間とお金を失います。さらにはハラスメントなどで精神的苦痛を伴う場合もあります・・・。

フワリパパ
フワリパパ
正直踏んだり蹴ったりですよね。
 

そんな方々に向けて、飲み会を上手に断る方法を4つ厳選して紹介しますので是非参考にしてみてください。

フワリパパ
フワリパパ
ちなみに私はここ1年間会社の飲み会参加数0です。 ちょっと極端かもしれませんが、飲み会に来ないキャラを確立しています。

飲み会の上手な断り方【4つ厳選】

飲み会のお誘いって2パターンありますよね。

・事前に日時が決まっている場合
・突発的に誘われた場合
 

以下の4つの方法はどちらのパターンでも使えます。

その1:飲めないキャラを演じる「私お酒飲めないので」

まず、新人または異動後の方は

「私お酒飲めない体質なんです」

これでOKです。

 
上司から「ちょっとくらい飲めるだろう」

なーんて言われたら、

「医者から止められているので無理なんです」

ドクターストップを表明しましょう。

病名を聞かれたら、「痛風」とでも答えておけばOKです。「大変だね」で終わります。

ではもう既にお酒が飲める人と認知されている人はどうするか? これも同じく、痛風などと診断されて医者から止められたと言えばOKです。

このご時世、ドクターストップを分かったうえで強引に誘うと完全にパワハラなので、ドクターストップは引き合いに最強です。

その2:家庭の事情を持ち出す「家事・育児・介護が大変なので」

家庭の事情を持ち出せば普通の人なら察して配慮してくれます

しかし、昭和を生きたバリバリの社畜上司であれば、

 
上司「は?そんなの奥さんに任せればいいだろ」

で一蹴される可能性がありますのでこの言い訳は相手を選びます。

また、独身の方や両親がピンピンしている方はこの言い訳は使えませんのでこれ以外の言い訳にしましょう。

その3:スキルアップの勉強を持ち出す「習い事があるので」

いくら上司でもスキルアップのためと言われたら仕方がないなと思ってくれるはずです。

ただし、「何してるの?」って100%聞かれますので、ボロが出ない回答を用意しておく必要があります。上手く答えられないと諸刃の剣になっちゃいますから注意してください。

無難なのは、「英会話」ですかね。

その4:変更できない予定を持ち出す「もう決まった予定があるので」

絶対に変更できない予定があることを告げると効果的です。

・結婚式に参列する
・旅行に行く
・家族の記念日
・県外から実家の両親や旧友が遊びに来る
 

これらは日程の変更がほぼ効かないので、言い訳としてはかなり優秀です。

 
フワリパパ
フワリパパ
これら4パターンで基本的に上手くかわせます。

 

逆に、あまり良くない断り方があります。

飲み会の良くない断り方:ドタキャン

良く挙げられるウソの体調不良や身内の不幸によるドタキャンはオススメしません

何故なら、ドタキャンによるあなたの予約の取り消しなどで幹事に迷惑がかかること。 そして「あなたが参加するなら私も参加しようかな」と、あなた目当てで参加した人の期待を裏切ることになるからです。

 

フワリパパ
フワリパパ
人に迷惑をかけたり、あなたと話したい!と思っている人の期待を裏切る行為は避けた方が良いと思います。ウソをつくなら別の言い訳がベターです。ただし、当日突発的に誘われた場合は体調不良でお断りOKです。断っても誰にも迷惑がかからないので。

当日の突発的な飲み会を断る場合

突発的な誘いを断る場合は

・体調不良
・予定がある
・金欠
 

この3パターンでOKです。

フワリパパ
フワリパパ
ただし金欠に関しては、奢ってやると言われたらお終いですから、言う相手を見極めて下さいね。

最も効果的な飲み会のお断り方法は?

これまで上げた4つはどれも効果的なのですが、最も効果的なのはドクターストップです。

私はドクターストップで飲めないキャラを確立しましたので、会社の飲み会にはここ一年で一度も参加しなくて済んでいます。

医者からダメだと言われているのに参加しろと迫る上司はいないですからね。(もしいたとしたら人事か労働組合(あれば)に相談しましょう。)

ドクターストップがお断りの方法として一番良いところは、今後一切参加しなくても不審に思われないことです。

他の理由でお断りを続けてしまうと、

 
上司「また不参加か、ほんとは行きたくないんじゃないの?」

と疑いの眼差しを向けられますし、断る側も毎回言い訳を考えるのは面倒です。

その点ドクターストップならそのことを周知しておけば、仕方がないなと周りが勝手に理解してくれますし、断る側も毎回の言い訳は不要です。

え、でもそれじゃずっと行けなくね?たまには行きたいよ

とお考えの皆さん、ご心配は無用です。そういう場合は

医者から「数値が安定してるので、今回に限り参加OK」と言われました!

と言えばOKです。これなら行きたい時だけ行けますし、次回は「やっぱり医者からダメと・・・」と言えば不審に思われることもないでしょう。

結論としては、ドクターストップ一択でOKです。 ただし、これだけは気をつけてください。

「あれ?でもお前、健康診断ですべて正常値だったって自慢してなかったっけ?」

・・・・・

・・・・・

・・・・・

 
フワリパパ
フワリパパ
健康診断の結果は厳秘ですよ!